シミ薄くしたい!おすすめの化粧水はどれがいい?

 

シミを薄くしたい!シミ対策用の化粧水や美容液、クリームなどはどれがいいのか?

 

トライアルキットがある化粧品を中心にランキング形式にて解説いたしました♪

 

※複数トライアルで試してみて、お気に入りの化粧品を使い続けることをお勧めいたします。

 

また、トライアルに加えて、返金保証付きのシミ対策化粧品もランキング内に加えました。

 

シミ対策用の化粧品ランキング

 

ホワイトニングリフトケアジェル ・シミウス

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:3,795円

 

 

シミウスはシミ対策や美白向けのオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”マッサージ用”で、他社の商品にはない強みです。

 

 

デメリットは?

 

多忙でマッサージなんて無理!
という人には向かないです(汗)

 

 

【シミウス 公式サイト】
→https://www.mebiusseiyaku.co.jp

 

 

ディセンシア サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト

 

サエルインナードライ訴求バナー

 

  • 返金保証:30日間保証付
  • 内容:
    • 薬用美白化粧水:14ml
    • 薬用媚薬美容液:8ml
    • 薬用媚薬クリーム:9g
    • エッセンスインCCクリーム

  • トライアルキット:1,480円

 

サエルは刺激が少ない!敏感肌のあなたにピッタリです。

 

返金保証付き&トライアルキットなので、これほど安心できるシミ対策用の化粧品は他にはないかも?

 

デメリットは?

 

少しさらさらなため、手からこぼれやすい
※個人差があるため、なんとも(汗)

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

【ディセンシア 公式サイト】
→https://www.decencia.co.jp

 

 

 

シズカゲル

 

シズカゲル

 

  • 返金保証:30日間
  • 内容:60g1か月分
  • 通常購入:4980円

    ※定期購入:2980円

 

 

シズカゲルはシミい以外にも、シワ・毛穴・乾燥・肌荒れなど多角にケアするオールインワン化粧品です。
発売されてまだ日が浅いですが、雑誌やSNS(※インスタ)を中心に、話題沸騰中です。

 

デメリットは?

 

トライアルキットがない点です

 

 

【公式サイト シズカゲル】
→http://by-shizuka.jp

 

ビーグレン ホワイトクリーム

 

美白ケア(trial)

 

 

  • 返金保証:365日間保証付
  • 内容:
    • クレイウォッシュ(15g)
    • QuSomeローション(20mL)
    • Cセラム(5mL)
    • QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)
    • QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

  • トライアルキット:1,800円

 

「ビークレンってアメリカ発の化粧品でしょ?日本人が使っても大丈夫?」

 

という疑問が多いですが、日本人用に作られています。

 

最大の特徴は”ハイドロキノン配合”でリピート率98.5%!

 

また365日返金保証!他社ではありえない期間の保証です。

 

それほど、シミ対策に自信があるメーカーといえます。

 

 

デメリットは?

 

価格がややお高め。

 

またハイドロスキン配合の化粧品は妊婦や授乳中のママさんは担当医に相談しましょう。

 

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

【公式】→http://www2.bglen.net/

 

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容:
    • スポット集中化粧液
    • 化粧水
    • 美容美白美容液
    • 美容乳液ゲル
    • メイク落とし・洗顔料

  • トライアルキット:1890円

 

アンプルールと言えば、有名雑誌に対数掲載されているメーカーです。

 

ハイドロキノンラグジュアリーホワイトシリーズの中で最高濃度で配合されているため、美白スキンケアに期待できます。

 

 

デメリットは?

 

成分の中に、エタノール表記があります。

 

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

 

 

アスタリフト ホワイトクリーム

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:
    • 美白化粧水:18ml
    • 美白美容液:5ml
    • 美白クリーム:5g

  • トライアルキット:1000円

 

富士フィルム独自の「ナノAMA」はちゃんと届く、働くように設計された化粧品です。
これ以上シミを増やしたくない・・というあなたにピッタリの商品です。

 

 

デメリットは?

 

トライアルセットだけでは、シミ対策は微妙です(汗)

 

 

 

美容Q&A

 

シミがある人

 

顔にできるシミ&そばかすの原因とは?

 

顔にできるシミやそばかすは何が原因かというと、そもそもこれら二つは一緒にされがちですが別物なのでそれぞれ理由が違います。

 

まずシミの場合は紫外線によるダメージや傷やニキビの炎症跡が残ってしまったり、加齢などが原因と言われています。その中でもやはり大きな原因となるのは紫外線が大きいです。紫外線が当たる事で体を守る為に作られるメラニン色素が過剰に生成されてシミへと繋がります。
また紫外線以外にもメイクや化粧品も原因の一つと言われています。毎日メイクをする事で何回もブラシやパフが肌を刺激し、さらに化粧品を毎日のように使っていると少しずつ色素沈着が起こり、その結果それがシミへとつながっていく恐れがあります。
化粧品には防腐剤が入っていますが沢山の着色料や香料が含まれており消費期限もあります。消費期限が過ぎた化粧品は知らず知らずのうちに成分が分離していたり酸化したいたり、中には雑菌が繁殖している可能性もあります。こうした化粧品を使う事で肌に刺激を与えてしまいシミになってしまう可能性もあるので注意が必要です。
そばかすが出来る原因はもちろんシミと同様に日焼けも大きな原因なのですが、遺伝性のものがあるという事がそばかすの特徴です。それが紫外線を浴びる事によってより濃くなるという性質もあります。他にも栄養不足や睡眠不足、疲労、精神的なストレスも肌に影響を与えそばかすの原因になるといわれています。

 

 

シミの予防対策におすすめの食べ物とは?

 

いつまでも若い姿で見られたい。そんな時にやはり気になるのがお肌の状態です。特に顔部分は第一印象として最も印象づけられてしまいますのでシミなどがあったら老けてみられてしまいます。しかし加齢などによってどうしてもシミが出来てしまいます。そんなシミを増やさない為におすすめの食べ物があります。シミの予防対策として是非知っておいて損はありません。メラニン色素の生成を抑え、シミやソバカスを予防し薄くする働きがあるコラーゲンの生成に欠かせないビタミンCを多く含む食品がおすすめです。主にキウイフルーツ、いちご、柿、レモン、みかんなどの果物に多く含まれており、キャベツやブロッコリー、トマト、ピーマン、ほうれん草などの野菜にも含まれています。より効果的に摂取する方法としてたんぱく質を含む肉類やビタミンEと一緒に摂取すると良いでしょう。次に若返りのビタミンともいわれるビタミンEを含んだ食べ物がお勧めですが、ビタミンEは脂肪の酸化を防ぎ血管を丈夫にしてくれるので健康にも良いです。代表的なのはアボカド、かぼちゃなどの緑黄色野菜。そしてアーモンドなどに含まれています。また肌の弾力などを保つ為にコラーゲンを含むウナギ、フカヒレ、スッポン、鮭、アンコウなども積極的に摂取していただくとよいでしょう。

 

 

コスメの基礎!Q&A

 

化粧水を塗る女性

 

化粧水の役割を解説

 

スキンケアの基本となるのが化粧水です。どういった役割があるのかというと、肌に水分を与えて保湿して、きめを細やかにしていきます。メイクを落としたり洗顔をすると顔から保湿に必要な水分や水分が蒸発しないように守ってくれる脂分がすべて洗い流されてしまいます。つまり肌が無防備な状態になってしまって、ダメージを受けやすい状態になってしまっているのです。
そこで化粧水を使うことによって、失ってしまった水分を肌に補給してあげて保湿に必要な成分を補ってあげるという役割があります。
さらに化粧水で肌に水分と保湿成分を補給してあげることによって、次に使う乳液やクリームなどの成分がしっかりと肌になじむのを助けるといった役割もあります。
スキンケアの基本は、まず洗顔によってメイクなどの油汚れと小堀などの汚れを落とすことから始まります。そして肌に水分と脂分を失った状態に、化粧水によって肌に必要な水分とうるおいを保つための保湿成分を補給していくと、キメが細やかになるという効果が期待できます。
化粧水をつけたままでは水分が蒸発してしまうので、肌を守る役割のある乳液やクリームなどを塗っていきます。
基礎化粧の基礎の部分の役割があるのが化粧水です。

 

 

ハイドロキノンのメリット・デメリットとは?

 

ハイドロキノンは美白成分として注目を集めています。酸化を抑える作用(還元作用)があり、イチゴやコーヒーなどに含まれている天然成分です。メラニン色素の生成を抑える効果が高く、シミやソバカスの予防や改善に有効です。その管理の難しさから以前は医師の処方の元でしか入手することができませんでしたが、法律が緩和されて現在は化粧品などに配合することができます。
ハイドロキノンを使用するメリットは「シミ・ソバカスの予防・改善」、「美白効果」などです。前述した通りハイドロキノンはその還元作用でメラニン色素の沈着を抑え、シミ・ソバカスを予防する効果があります。また、既にできてしまったシミなどに対しても有効です。さらに、メラニン色素のもとになるものの数自体も減少させる効果があるので美白も期待できます。
しかし、それだけ高い効果があるため、肌に対する刺激が強いというデメリットもあります。肌質にもよりますが、赤みやかぶれ、かゆみが起こることがあります。また、ハイドロキノンを使用している時は紫外線に対して無防備なので、UVケアをしないと逆に色素沈着を起こすこともあります。さらに、高濃度のハイドロキノンを使用していたり、長期連用したりしていると白斑と呼ばれる副作用が出ることもあります。白斑とは、肌がまだらに白くなる状態です。こうなると元の状態に戻すのは困難なので注意が必要です。